ウガンダでスナックとポップコーン買ってみた

シェアしてもらえると励みになります!

近くの街イシャカのスーパーに行った時に数は多くないですが、お菓子が置いてあったので試しに買ってみました。

今回スーパーで買ったのはバナナチップスとポテトチップス。さらに、小さい商店で出来たてのポップコーンも買ってみたので紹介します。

バナナチップスとポテトチップス食べてみた

左がバナナチップス、右がポテトチップスです。

透明の袋に入っていて、中身はすべて見える状態でした。MATIYA FOOD ACCESSというお店で作っているようですね。

Nov 20 2014snacks2

Gonja crispsと書かれています。ウガンダのバナナは何種類かあり、その1つがGonja(ゴンジャ)です。ゴンジャは焼きバナナにするときに使うそうです。

値段は2500ウガンダシリング(日本円で約107円。記事公開時)

Nov 20 2014snacks3

こちらがポテトチップスのシール。ポテトチップスは”Irish Crisps”っていうみたいですね!同じ会社が作っているのにこっちは”Crisps”の”C”が大文字です。なんでだろ?

賞味期限も書いてあり、信用できます。

Nov 20 2014snacks4

開封!しかし。。。

袋が固くてなかなか開きません。

Nov 20 2014snacks7

ハサミを使おうと思ったのですが、なんとか手だけで開けることが出来ました。

Nov 20 2014snacks8

ポテトチップスを手に取るとこんな感じ。少し小さいかな?って印象です。

肝心の味ですが、美味しかったです!塩はかかっていなく、味付けはされていない感じでしたが、ポテトの味がしっかりしていました。

Nov 20 2014snacks9

こちらがバナナチップス。茶色いです。

食べてみると、美味しい!

バナナチップスを久しぶりに食べたのですが、日本で食べた時もこんな味だったかな?と思いました。噛めば噛むほど甘さがでてきてクセになる感じでした。

Nov 20 2014snacks10

ポップコーン食べてみた

ポップコーンは出来たてを購入しました。

食べながら帰ってきたので、少し減っていますが、この量で200ウガンダシリング(日本円で約8円。記事公開時)と、激安です。

味はポップコーンそのものですが、焦げているものがけっこうあり、苦かったです。

Nov 20 2014snacks1

あとがき

工場で作ったものや輸入品などのお菓子は日本と値段が変わらない印象です。

しかし、個人商店で作っているポップコーンはウガンダ価格の激安でした。

お菓子は普段ほとんど食べないのですが、たまに食べると美味しいですね!土日など街に出かけた時は他のお菓子も買っていろいろ食べ比べしてみたいと思います。