ウガンダで超巨大フルーツ「ジャックフルーツ」を食べてみた

シェアしてもらえると励みになります!

こんにちは。みっきぃ(@miki73_m)です。

私が今いるウガンダは本当にフルーツが豊富です。バナナやマンゴー、パイナップルなどその辺にたくさんあります。

今回「ジャックフルーツ」という巨大なフルーツをもらいました。日本では見たことなかったので、紹介します。

ジャックフルーツとは

写真を取る前に切ってしまったので、大きさは比較できませんが、大体2リットルのペットボトルと同じくらいの大きさでした。とても大きいです。

Nov 25 2014jackfruit3

横から見るとこのようになります。周りの皮にはツブツブがあって、持っていると痛いです。そしてこの大きさでもずっしりと重く、片手で持つのも大変でした。

Nov 25 2014jackfruit2

断面図はこんな感じです。真ん中に芯があります。

ジャックフルーツの食べ方

1.芯の周りの身を上手に切る

Nov 25 2014jackfruit1

皮がものすごく固いです。小さめに切ると後で食べやすかったです。

2.身を手で取り出す

ジャックフルーツ自体は大きいのですが、食べる部分は少ないです。

Nov 25 2014jackfruit4

種が大きく、種を包むように身がつまっています。この身を手で上手くむしりとるように力を入れて取ります。

味は甘くて美味しいです!歯ごたえはキュキュってします。

注意点

  • 食べるのが大変

汁でヌルヌル滑ります。そして、固いので身を取り出すのが、とても大変です。

  • 後始末がとても大変

取り出すときや、食べるときはヌルヌルなのですが、時間が立つとガムのようにベタベタしてきます。これが本当厄介でした。

実は手で取り出すのが、面倒くさくなって、途中からかぶりつくように食べたのですが、これが大失敗

唇にガムがくっついたようにベタベタ。そしてこれがなかなかとれない!1日中気持ち悪い感じがしました。食べる機会がある人は、かぶりつくのは楽ですが、オススメしません。

さらに、包丁もベタベタになり取るのがものすごく大変でした。

あとがき

ジャックフルーツは美味しいのですが、後始末がものすごく大変で、正直もう食べたくないって思いました。ガムがへばりついたような感じで本当ストレス溜まりました。正直、食べるのや後始末の大変さと味は割にあっていないと感じました。
これ買って食べるなら、バナナ買って食べたいですね。食べる機会がある方は後始末の大変さを覚悟で食べて下さい。