Macで記号や特殊文字を入力したい時は「キーボードビューア」と「文字ビューア」を使うと便利!

シェアしてもらえると励みになります!

みっきぃ(@miki73_m)です。MacはUSキーボードを使っています。USキーボードには¥マークが無いので、どうやって入力するのかわかりませんでした。

「¥」マークは「option」+ 「y」で打つことができます。

Macでは「option」と組み合わせることでいろんな記号が打てます。

「¥」と「Y」は似ているので覚えやすいのですが、他のものはあまり使いませんし、覚えるのが大変です。そんな時、Macのキーボードビューアと文字ビューアを使うといざというときに特殊記号を打てるので便利です。

キーボードビューアと文字ビューアの表示方法

Feb 28 2015keyboardviewer4

キーボードビューアと文字ビューアを使うためには、設定が必要です。「システム環境設定」の「キーボード」を選択します。※Yosemiteの場合

Feb 28 2015keyboardviewer3

「キーボード」タブ下のメニューバーにキーボードビューアと文字ビューアを表示
にチェックを入れます。

Feb 28 2015keyboardviewer2

メニューバーの入力ソースをクリックすると、このようにキーボードビューアと文字ビューアが追加されるので、使えるようになります。

いざというとき便利!

Feb 28 2015keyboardviewer1

キーボードビューアは「option」や「shift」キーを押すことで特殊文字が表示されます。試しに「option」キーを押すと、このように変わります。こんなにショートカットキーが割り当てられているんですね。

これらのショートカットキーを覚えるのは大変ですが、キーボードビューアでカンニングできちゃいます。

文字ビューアで特殊文字や絵文字を入力できる

Feb 28 2015keyboardviewer5

文字ビューアを使うとさらに、多くの特殊文字などを入力できます。括弧や句読点、囲み文字、数式だけでなく顔文字も!一覧になっていて探しやすいので、いざというとき役に立ちそうです。

あとがき

普段使わないショートカットキーを覚えるのは大変ですが、キーボードビューアと文字ビューアを使えば簡単に特殊文字などを入力することができるので、覚えておくと便利です。

デフォルトではオフになっていると思うので、まだの人はチェックを入れて見てはどうでしょうか?

以下の記事にショートカットキーがまとめられているので、特殊文字などのショートカットキーを覚えたい人は参考にして下さい。

Mac 記号や特殊文字のキーボードショートカットまとめ(133種類) / Inforati

以上、みっきぃ(@miki73_m)でした。