5Sってなんだかわかります?青年海外協力隊看護師隊員が行っている「5S活動」を見てきた

シェアしてもらえると励みになります!

Apr 24 2015hospital 5s5

みっきぃ(@miki73_m)です。「カバレ」に行った時に看護師隊員の病院を見せてもらいました。JICAボランティア、青年海外協力隊の看護師隊員は「5S」活動をしている人がほとんどです。今回は看護師隊員が行っている「5S」活動について紹介します。

5Sとは

5S(ごエス、ごーエス)とは、製造業・サービス業などの職場環境の維持改善で用いられるスローガンである。各職場において徹底されるべき事項を5つにまとめたもので、4S運動に「躾」(習慣化の場合もある)を加えた5項。

via 5S – Wikipedia

整理(Seiri) いらないものを捨てる
整頓(Seiton) 決められた物を決められた場所に置き、いつでも取り出せる状態にしておく
清掃(Seisou) 常に掃除をして、職場を清潔に保つ
清潔(Seiketsu) 3S(上の整理・整頓・清掃)を維持する
躾(Shitsuke) 決められたルール・手順を正しく守る習慣をつける

5S自体による効果は職場環境の美化、従業員のモラル向上などが挙げられる。5Sの徹底により得られる間接的な効果として、業務の効率化、不具合流出の未然防止、職場の安全性向上などが挙げられる。これは、整理整頓により職場をよく見るようになり、問題点などの顕在化が進むためであるとされる。
日本で生まれた概念だが、日本国外で用いられることもあり、「ファイブ・エス (five S)」と言う。

via 5S – Wikipedia

5Sとは整理・整頓・清掃・清潔・躾の頭文字を取ったものです。覚えてもらえましたか?実際にこの「5S」でどんな活動をしているのか見せてもらいました。

Apr 24 2015hospital 5s11

病院はKABALE REGIONAL REFERRAL HOSPTALというところで、自治体で運営しています。

Apr 24 2015hospital 5s6

建物はすべて1階建てで、とても広かったです。奥に見えるのが現在建設中の病院で、JICAと日本企業が関わっています。

Apr 24 2015hospital 5s10

今年の12月ごろ完成予定で、この病院に配属されている隊員の方は今年の6月で任期を終えるため見ることが出来ません。私は見ることができるので、また来たいと思います。

病院以外でも活用できそう!

5S活動の様子を写真に撮らせてもらいました。

Apr 24 2015hospital 5s1

ゴミ箱は色で捨てるものを分けています。

Apr 24 2015hospital 5s4

棚には置く場所を指定するマークがありました。

Apr 24 2015hospital 5s3

段ボールで箱を作って取り出し安くしていました。

Apr 24 2015hospital 5s8

ここが、隊員の方がいる部屋。

Apr 24 2015hospital 5s7

部屋の中はとてもキレイでした。流石です。

Apr 24 2015hospital 5s5

Before Afterはこんなに違います。こうやって写真で見せるとウガンダ人のモチベーションも上がるみたいです。

あとがき

profile

写真を撮り忘れてしまいましたが、毎月「5S」の結果を表やグラフにまとめて貼りだしていました。こういった工夫がたくさんあり、とても勉強になりました。

私は日本の病院がどれほどキレイなのかは正直わかりませんが、この病院もキレイだと思いました。でも、隊員の方が言うにはまだまだ改善余地はあるそう。日本の病院の内側もみてみたいですね。ウガンダには40人以上の青年海外協力隊員がいるので、他の人の活動も見に行こうと思います。

以上、みっきぃ(@miki73_m)でした。