ウガンダで日本のスポーツテスト!体育隊員と一緒にワークショップをしてきた

シェアしてもらえると励みになります!

May 10 2015sports test5

みっきぃ(@miki73_m)です。1学期末テスト終了後にムバララの体育隊員のいる学校で一緒にワークショップを行ってきました。日本人なら誰しも経験したことがあるスポーツテストをウガンダの学校で行うとどうだったのか紹介します。

シニア4(日本の高校2年生程度)で実施

スポーツテストはシニア4(日本の高校2年生程度)の生徒で実施しました。 約10人1グループ、合計8グループで行いました。

ワークショップはウガンダにいる体育隊員7人とムバララにいるPC隊員、そして私の9人で行いました。行った種目は上体起こし、ハンドボール投げ、50メートル走、立ち幅跳び、反復横とび、長座体前屈、20メートルシャトルランと日本のスポーツテストでお馴染みのものを行いました。

May 10 2015sports test3

ボードにそれぞれの種目の説明を貼りましたが、反復横とびや上体起こしなど本当にできるか不安でした。

May 10 2015sports test5

上体起こしの様子です。最初に私達青年海外協力隊員で見本を見せ、やってもらいました。日本のように体育館などないですし、マットもないので、校庭にゴザ?のようなシートを敷いて行いました。

30秒で20回くらいの生徒が多かったです。日本では30回を超える人が多いと思いますが、初めてだとこんなもんかな?って思います。

May 10 2015sports test6

立ち幅跳びの様子です。砂場がないので、草の上で行いました。裸足だったり、靴を履いていたり様々でした。サンダルで行おうとしていた生徒もいたらしく、流石に脱がせたそうです。ウガンダではサンダルで体育をする生徒もよくいます。

1番跳んだ生徒で2メートルそこそこだったと思います。

May 10 2015sports test7

こちらは反復横とびの様子です。反復横とびのやり方が1番難しかったのではないかと思います。全く出来ない生徒もいましたが、思っていたよりみんな動けてました。

1番できた生徒は20秒で40回程度だったと思います。

May 10 2015sports test8

こちらは長座体前屈の様子です。箱の準備ができていなかったので、地面に手を置いて測りました。また、ネットに寄りかかって行ったので正確な記録が取れなかったのが反省点です。次やるときは箱の準備と壁がある場所で行って正確な記録を取りたいですね。

記録は50センチ程度だったと思います。

20メートルシャトルランは半分以上が100回以上の好記録!

May 10 2015sports test10

20メートルシャトルランはバスケットコートで行いました。ワークショップを行ったば学校はお金持ちの生徒が多く、バスケットコートやテニスコートがあります。普通の学校は校庭だけです。

さらに、延長コードや大きいスピーカーもあるため日本で使っている音楽を流して行うことが出来ました。この学校だから出来たことだと思います。

驚いたのが半分以上の生徒が100回を超えたこと!100回を上限にしていたのでいい目標だったのだと思います。テストも100点が満点ですしね。

こちらの点数基準表によると88回以上が10点なので、多くの生徒が10点を取ることができました。他の種目は6〜7点がほとんどで、10点を取る生徒もいなかったと思います。

May 10 2015sports test9

線は無いので20メートルラインに紐を置きました。

あとがき

profile

50メートル走やハンドボール投げも点数表でいう6〜7点の生徒がほとんどでした。

シャトルランは最初ゆっくりで徐々に早くなっていくのが良かったのですかね。また1回に大人数で行ったので負けたくないという心理があったのだと思います。

長座体前屈の準備が不十分だったことや、初めてということもあり説明が難しかったところもありましたが、隊員の人数も多く、無事やり切ることができました。

他の体育隊員の学校でも行って比較したり、同じ学校で2回行って比較したり、データを今後も共有していけたらいいなと思います。

以上、みっきぃ(@miki73_m)でした。

参考リンク

12436288584_94d6bc46d2_b.jpg
スポーッテストについてはこちら
12436288584_94d6bc46d2_b.jpg
新体力テストによるテストの総合評価を行うための,得点基準表です。