【ルワンダ】標高1500m、高低差100m以上!過酷なキガリマラソンを走ってきた

シェアしてもらえると励みになります!

May 29 2015kigali marathon 20154

みっきぃ(@miki73_m)です。任国外旅行の制度を利用して隣の国ルワンダへ行ってきました。目的の1つは首都キガリで行われたキガリマラソンです。なんでも世界でも有数の過酷なマラソンらしいです。今回が人生5回目のフルマラソンでしたが、日本のどの大会よりもキツかったです。

任国外旅行とは

ボランティアの休日や休暇の取得方法は、配属先の決まりに従うこととなります。また、配属先の有給休暇の範囲内で年間20日を限度として、私費による任国外旅行が認められており、この範囲内で日本へ帰国することもできます(ただし、本邦への一時帰国は派遣期間中一回に限ります)。

via 待遇と諸制度(青年海外協力隊・日系社会青年ボランティア) | JICAボランティア

私達青年海外協力隊は年間20日間、赴任している国以外の国へ旅行へ行くことができます。それぞれの国で行ける場所が決まっていて、ウガンダの場合はルワンダ、エジプト、マラウイ、タンザニア、ザンビア、エチオピア、南アフリカの一部、そして日本へ行くことができます。

初の海外でのマラソン大会!キガリマラソンは過酷だった

任国外旅行でマラソン走りに行く人は珍しいと思いますが、今回、ウガンダからはフルマラソン2人、ハーフマラソン1人の3人、ルワンダ隊の人や大使館の人などを合わせて日本人総勢20人で出場しました。みんなハーフマラソンで、フルマラソンへ出たのは私達2人だけでした。

May 29 2015kigali marathon 20157

コースは1周ハーフマラソンの距離、フルマラソンはこのコースを2周します。

ルワンダは「千の丘の国」言われるほど、丘が多く、今回のコースも坂ばかりでした。

参考:

ようこそ、ルワンダ。 ようこそ、千の丘の国へ。

kigalimarathon.org – International Peace Marathon Kigali/Rwanda

May 29 2015kigali marathon 20153

ハーフマラソンのスタートの様子です。ハーフマラソンが7:30スタート、フルマラソンが8:15スタートでした。なぜかフルマラソンの方がスタートが遅かったです。日本のマラソン大会よりスタートが早いですが、暑いのでもっと早くてもいいくらいでした。

May 29 2015kigali marathon 20152

ハーフマラソンの参加者が約700人、フルマラソンが約200人と首都のマラソン大会の割には参加者が少なく、小規模な大会でした。アフリカのマラソン大会はこんな感じなんですかね。

May 29 2015kigali marathon 20154

ハーフマラソンは予定時間の5分後、「オン・ユア・マークス」の掛け声でスタートしていました。なんともアフリカらしい。

May 29 2015kigali marathon 20155

フルマラソンのスタート前です。こんなに少人数で走るのは初めてでした。しかもトップ20人くらいは賞金狙いのアフリカのトップランナー。私の自己ベストは3時間17分ですが、同レベルの人はほとんどおらず、孤独の戦いでした。

給水は5キロほどに水だけ、2週目は前後1キロ誰もいない!

May 29 2015kigali marathon 20158

ルワンダは道が整備されていてとてもキレイです。走りやすかったのですが、周回コースの2周目はフルマラソン参加者しかいません。2周目はランナーが激減し、ほぼ1人で残り21キロ走りました。コースも坂ばかりでキツかったのですが、目標となるランナーがおらず、孤独との戦いでした。

また、給水は5キロおきに水500mlしかありませんでした。日本のマラソン大会のようにチョコレートなどの甘いものやスポーツドリンクが無いので、自分で準備して置かなければいけません。バナナくらいは置いて欲しかったですね。

給水は500mlのペットボトルなので、全部飲みきらず、途中で捨てる人が多いです。その残った水が入ったペットボトルを子ども達がすごい勢いで拾い、持ち帰ろうとしていました。この子達にとっては貴重な水。日本ではみない光景でした。

4時間6分でなんとか完走!

Jun 01 2015kigali marathon1

今回の目標タイムは3時間30分でした。1キロ5分ほどのペースです。ハーフまでは5分を切るペースで走れていたのですが、24キロ過ぎからの坂手前で歩いてしまい、それからは歩いたりゆっくり走りながら進みました。残り10キロを切ると元気がでてきて、ペースを5分半から6分まで戻し、ゴールを目指しました。

ペースを上げると前の人に追い付くことができ、そのたびに気持ちが楽になりました。ただ、沿道からは「チャイナ」とかしか言わせないのでストレスでしたね。序盤は子ども追いかけたりしましたが、後半は言い返す元気も無いのでスルーしていました。

ラストは競技場のトラックを半周してゴール!トラックを走るのは気持ちよかったし、ゴールでハーフを走った方達が待っててくれたのでとても嬉しかったです。時計を見ると400mほど長かったのが気になりますが。

Jun 01 2015kigali marathon2

コースはこのようにアップダウンばかりでした。GPS機能がついている私の時計では最大高度1546m,最低高度1443mでした。

May 29 2015kigali marathon 20151

参加賞はノースリーブシャツとリュック形式の袋、ボトルでした。なぜTシャツではなくノースリーブなのか。ゴールするともらえる賞状には自分で名前を書く仕様でした。参加料は20000ルワンダ・フラン(日本円で約3300円、記事執筆時)でした。

あとがき

profile

初めての海外でのフルマラソン。首都でのマラソン大会なので1万人くらい出るのかと思っていたのですが、フル、ハーフ合わせても1000人ほどととても小規模な大会でした。日本のようなランニングブームが来ていないのか、そもそも運動するという文化や余裕がないのか。

コースもキツイし、孤独との戦いでしたが、今回アフリカのマラソン大会を完走出来て自信つきました。日本に帰ってから大会出る時身体的にも精神的にも余裕持って走れそうです。

以上、みっきぃ(@miki73_m)でした。