4000m級から初日の出!年末年始にエルゴン山(4321m)に登ってきたパート①

シェアしてもらえると励みになります!

シロンコ

みっきぃ(@miki73_m)です。12月30日から1月2日にかけてウガンダ東部にあるエルゴン山に登ってきました。マラソンはけっこう走ってますが、登山は小学校以来。富士山も登ったことありませんが、4000m以上の山に登ってきました。

エルゴン登山情報

エルゴン山へはウガンダの首都カンパラから東のムバレへ大型バスで向かいます。ムバレまでは約4時間30分。さらにムバレからシロンコへ乗合バス(マタツ)で移動(約1時間)し、ガイドとポーターと合流、登山口まで移動し登り始めました。

入山料は1日90ドル。3泊4日で行ったので360ドルかかりました。2泊3日でも登れます。さらにテント、寝袋、マットのレンタル、ガイドと荷物を運んでくれるポーター代等合わせると合計500ドルほどかかります。

slproImg_201601100629130.jpg

テント、寝袋、マット、食材、登山中使わない服等はポーターさんが運んでくれます。重い荷物を軽々頭に乗せて運びます。すごい。

食事は自分達で準備

エルゴン登山では荷物はポーターさんが運んでくれますが、食事は自分達で準備しました。テントも自分達で設置、片付けするのでけっこう大変です。

今回私達は8人で登ったので、食材と調理器具をシロンコまで運んだり、3泊4日分の食事を準備するの大変でした。

料理のメニューを事前に決めて食材の準備、調理器具をみんなで分担して持って行きました。自分の荷物に加えてこれらを持って行ったのでめちゃ重かったです。

登山開始!初日は2900mのキャンプ地へ

登山スタート

朝9時に登り始めました。目的地は標高2900mのキャンプ地。私のSUUNTOの時計で標高1600mほどだったので、1000mほど登ります。今振り返ると初日の道が1番険しく大変でした。

登山中からの眺め

街がどんどん遠ざかります。天気も快晴!

ネギ畑

途中はネギ畑を通ります。ネギ買って来なくても良かったかな。

もうすぐキャンプ地

森の中をひたすら歩きます。そして…

SASARIVER CAMP

初日のキャンプ地「SASA RIVER CAMP」に着きました。初日は約5キロ(3時間ほど)歩きました。

キャンプ地の様子

キャンプ地はこんな感じ。奥の小屋の中にテントを張って寝ました。夜は冷えますし、小屋も隙間が多く寒かったです。

キャンプ地で料理開始

朝9時に出発し、ここに着いたのは12時過ぎでした。昼食は前日の残りのじゃがいもなどをパックしてもらっていたので、それを食べました。

炎天下で暑かったため腐りかけている野菜(ネギやチンゲン菜)も多かったです。slproImg_201601100626480.jpg

ポーターさんに火を起こしてもらい、調理スタート。蒔も持ってきてくれます。初日の夕食はカレーの予定でしたがネギやチンゲン菜が傷んでいたので、鍋に変更しました。日本から送ってもらった鍋キューブを持っている人がおり、使わせてもらいました。

簡単に日本の味の鍋が出来上がるのですごいです。

入れるだけで作れる日本の商品本当便利です。slproImg_201601100701360.jpg

火力が調整できないので持ってきた鍋やヤカンは丸焦げに。取っ手も焼け落ちてしまったものもあり、持ってきてくれた人に申し訳なかったです。

日が暮れたら就寝。翌朝は4時30分から準備

キャンプ地には電気が無いので、灯りは自分達が持っているライトだけです。暗くなる前に食事の後片付けと寝る準備をしないと後々大変です。

ヘッドライトあると重宝します。私の場合2日目でライトが切れてしまったので予備電池もあると良かったです。

あとがき

profile

初日の道は、急な階段などもあり険しかったです。3泊4日の日程だったので、頂上アタックの日以外は日程的にも余裕がありました。ただ、食事の準備等思っていたより大変で自由時間はほとんどありませんでした。

2日目以降についてはまた次回!

以上、みっきぃ(@miki73_m)でした。

Posted from SLPRO X for iPhone