TwitterのタイムラインにInstagramから投稿した写真を「IF」を使って表示させる方法

シェアしてもらえると励みになります!

IF アイキャッチ

みっきぃ(@miki73_m)です。Instagram始めました。Instagramやっている人ならわかると思いますが、Instagramに投稿した写真をTwitterに連携して投稿すると、URLだけ表示されます。

TwitterでもInstagramの写真を表示させるにはIFTTTというサービスを使います。今回はそのやり方について説明します。

IFTTTを使ってInstagramとTwitterを連携させる

IFTTT – Connect The Apps You Love

上記のIFTTTというサービスを使います。いろんなアプリやサービスと連携できるので使い方次第で様々なことができます。私も以前PocketとEvernoteを連携してみました。

関連記事:Pocketの未読が溜まっている人は「PocketRocket」を試してみてはいかがでしょうか? | Webale munonga

今回はIFTTTのiPhoneアプリ「IF」を使って登録してみました。

IF by IFTTT 2.7.9
分類: 仕事効率化,ユーティリティ
価格: 無料 (IFTTT)

IF by IFTTT – Google Play の Android アプリ

Android版はこちら

IFログイン

「IF」を開いたら、アカウントを持っている人はサインイン、持ってない人は新しく作りましょう。

IFレシピ作成

ログインしたら右上のボタンをタップし、さらに「+」をタップします。

IF Instagram

下部の「Create a Recipe」をタップし、Start here と表示されている「+」をタップします。

Instagram Any new photo by you

連携できるアプリの一覧画面になるので、Instagramをタップし、「Any new photo by you」をタップします。

Instagram連携

Instagramと連携します。

IF then

Instagramと連携できたら次は then のあとの「+」をタップします。

IF Twitter

先ほどと同じように今度はTwitterと連携させます。Twitterアイコンをタップし、「Post a tweet with image」を選択します。

IF Instagram Twitter

投稿時のフォーマットを設定(後でも設定可能)し、「Next」、「Finish」を押せばレシピの完成です。

IF 実際にInstagramから投稿してみる

Instagramからの投稿の際にTwitterボタンを押さずにシェアをタップします。

Twitterのタイムラインにも写真付きで投稿されるようになりました。

あとがき

profile

TwitterからもInstagramの写真見れるようになると、Instagramアプリを開かなくても写真をみれるようになるので、みてもらえる機会が増えますね。もっとInstagramも活用していきたいな。

以上、みっきぃ(@miki73_m)でした。

Posted from SLPRO X for iPhone