【任期終了】首都に引き上げてから帰国までの1週間を振り返る

シェアしてもらえると励みになります!

みっきぃ(@miki73_m)です。7月6日に青年海外協力隊2年間の任期を終えて帰国しました。少し時間が経ってしまいましたが首都に引き上げてから帰国までにしたことを紹介します。

同年代の88年会!

私の任地ブシェニは首都カンパラから約320キロ離れたところにあり、平成26年度1次隊ウガンダ派遣8人の中では1番遠いです。私は6月25日(土)に首都カンパラにある隊員ドミトリーに引き上げてきました。

引き上げの日にちは自分達で選べるのですが、私がこの日に決めた理由は26日(日)に短期隊員の同い年が帰国するためでした。

1988年世代はウガンダで7人!年の近い人はけっこういますが、同い年はやっぱり特別です。私と彼の帰国前に2回目の88会を開き、メキシコ料理屋でみんなでご飯食べました。

その時にチテンジで作ってくれた巾着をもらいました。中にはウガンダのコーヒーも入っていてとても嬉しかったです。

大使館表敬と最終報告

帰国前には日本大使館表敬とJICA事務所での最終報告がありました。

大使館表敬は大使と1人5〜10分活動について程度話して、最終報告は1人質疑応答合わせて30分間プレゼンしました。

最終報告は感極まって涙ぐむ人も。みんなの2年間の活動の様子がわかってとても良い時間でした。

最終報告の後は昼休みを挟み、ウガンダ事務所長との面談が1人30分程ありました。この日は長い1日でしたね。

住血吸虫の検査と薬をもらう

住血吸虫という目に見えない小さい虫が皮膚から侵入して皮膚炎とか血尿、腎炎などになることがあります。

日本ではほとんど心配ないらしいのですが、アフリカなどでは気をつけなければいけなくて、淡水にいるらしい。

ナイル川でラフティングした人とかは感染の可能性大。水や米の活動をしているコミュニティ開発隊員は検査費と薬代は公費で出るのですが、私のような学校配属の隊員は検査費は自腹で、感染していた場合の治療費と薬代は公費ででます。

この検査費がけっこう高く、約90000ウガンダシリング(約3000円)と高額でした。血液の検査結果は1週間ほどかかるので、余裕を持って行きましょう。

同期8人中半分は住血吸虫症になっていました。感染していても自覚はなくていつ発症するかもわからないらしいです。また、日本で検査と薬がもらえる場所も全国で2カ所ほどしかなく大変なので、心配な人は帰国前に検査するのをオススメします。

ちなみに私は1度で結果が出ず、再検査の結果もフィフティフィフティと言われたのでとりあえず薬だけ買ってきました笑

薬はカンパラ市内の薬局でかんたんに買えました。

薬は10000ウガンダシリング(約321円)と検査費と比べて格安でした。時間がなくて心配な人はとりあえず薬だけ買ってもいいかも。

パッキングとお土産購入

荷物は合計40キロまで預け入れでき、スーツケース32キロ、バックパック8キロの2つに分けて預け入れ可能でした。

けっこう余裕あるかなーと思ったのですが上限ギリギリでした。2年の荷物をパッキングするのは大変です。自分の場合は衣服だったと思います。登山したこともあり登山ウェアがかさばったし重かったですね。

4000m級から初日の出!年末年始にエルゴン山(4321m)に登ってきたパート① | Webale munonga

お土産はカンパラタウンにあるクラフト街とバナナボートというお土産ショップを中心に買いました。お土産についてはまた別にまとめる予定です。

送別ソフトボール大会

ウガンダにはガヤザという場所に野球場があり、野球隊員が活動しています。帰国前最後の土曜日にはここでソフトボール大会を行いました。野球部だった人やソフトボール経験者も多く、人も多く集まったのでとても盛り上がりました。

1度ガヤザの野球場に行ってみたかったので最後に行けて良かったです。

26-1送別会

ソフトボール大会の後の夜は送別会を開いていただきました。送別会はウガンダでは帰国隊次の次の隊次がやることになっています。26-2の方々がテレビ番組「ごきげんよう」のようにサイコロとトーク内容を準備してくれて、用意してくれた動画も本当良かったです。

私は動画編集が趣味なので自分で作った自分達の動画も流す時間を作ってもらいました。こちらも上手く行ったようで良かったです。

帰国直前に誕生日!

私の誕生日は7月3日。ウガンダ出国は7月5日だったのでウガンダで28歳の誕生日を迎えました。

誕生日夜は私を含めたウガンダ南西部に住む隊員達「西会」メンバーに準備してくれた手作りケーキで祝ってもらいました。当日午前中にはドミトリーにいた隊員がケーキを買ってきてくれたし、夜は同期がカフェでケーキとコーヒーをおごってくれました。

誕生日当日は日曜日で、前日は私たち26-1の送別会だったのでたくさんの人に祝ってもらいました。

最後にとても良い思い出ができました。

あとがき

profile

ざっと振り返っても帰国前はプレゼンの準備だったり荷物の整理だったり、引き上げてから10日ほどありましたがけっこうバタバタしてました。

その中で誕生日も祝ってもらいましたし、わざわざ見送りのために5時間かけて来てくれた隊員もいました。感謝しきれません。この場を借りてお礼を言いたいと思います。

本当にありがとうございました!

Posted from SLPRO X for iPhone.